永久脱毛について考える

永久脱毛といっても、体中全くムダ毛がない状態にするというのは実際にはほぼ不可能です。

また、ムダ毛には毛周期があり、現在永久脱毛の方法として主流に鳴っている医療レーザー脱毛の効果は成長期のムダ毛のみに影響を与えますので、施術をした時に休止期や退行期に入っていた毛根はほぼダメージがありません。



従って、永久脱毛の定義としては、一般的に施術後一ヶ月を経過した時点で、ムダ毛の再生率が20%をきっていることが条件になっています。


残りの20%は影響を受けなかった休止期や退行期の毛根が成長期に入り、生えてきたものという認識になっているのです。



毛根の働きを完全に阻止するには、毛根を破壊しなければなりませんが、国内ではこの行為が認められているのは医師免許を持ったクリニックのみに限られています。

従って、医療レーザー脱毛で使われているダイオードレーザーは、脱毛サロンで利用されている光脱毛器よりもはるかに高出力の照射が可能になっています。カウンセリングでその人のムダ毛の状態や肌質などを調べて、それによってきちんと適切な出力で照射しますので、肌へのダメージを過度に心配する必要はありません。

とはいえ、毛根を破壊するほどの出力となると肌がやけどする寸前まで高熱を与えますので、冷却ガスなどで肌を冷やしたり、麻酔を使って痛みを軽減させるなどのケアを同時に行っています。

また、処理後はアルコールや激しいスポーツ、日焼けなどを控える必要があります。